流辰記

ゲーム系・ニュース系中心
Wii型TVリモコン
クラブニンテンドーからWii型のTVリモコンが届きました。
触ってみての印象は、一言で言えば「ツルツルしていて気持ちいい」といったところでしょうか。

案外小さいので手にすっぽりと収まります。
Aボタンは大きくて押しやすいし、スケルトンでいい感じ。
Bボタンも64のZボタンに似た感じで非常にうれしかった。

ただ、不安点を挙げると、その他のボタンがちょっと小さすぎないかなということです。
私は手が大きいので+ボタン、-ボタンはちょっと押しにくい印象を受けました。
振る動作が基本なのであまり使うことはないのかな?
[PR]
# by nagatatu | 2006-10-19 23:27 | GAME
丹波哲郎死去
昨日、あの丹波御大が亡くなられていたようです・・・。

昨年辺りからがりがりに痩せていたし、80超えていらしたのでいつ亡くなってもおかしくないと思ってましたが、残念。


暗殺の清河八郎役と二百三高地の児玉源太郎役はよかったなぁ。
[PR]
# by nagatatu | 2006-09-25 22:18 | 時事
Wiiの価格と発売日が発表
Wii

遂にWiiの価格と発売日が発表!

発売日:2006年12月2日(土)
価格:25000円(税込)




発売日はもうちょっと早くなるんじゃないかなーと思っていましたが、DSと同じ発売日でしたね。価格はSFCから伝統の25000円で、予想通りでした。

Wiiチャンネルという構想が明らかにされましたが、なかなか面白そうです。
天気予報やニュースなどを取り入れて、Wiiをパソコンのように毎日触れてもらう切欠を作ることが目的なのでしょうね。

VCの値段、FCの500円・SFCの800円は少し高いと思いましたが、64の1000円は安い印象。


ロンチのソフトは全部で16本ですね。
GCのロンチがたったの3本だったことを考えると凄い成長(?)です。

これは成功するかもわかりませんね。
[PR]
# by nagatatu | 2006-09-14 22:30 | GAME
シレンDSはSFCシレンのリメイク
某ゲーム雑誌の情報で、シレンDSがSFCシレンのリメイクと判明。


うーん・・・。
完全新作って情報を前に見たような気がしていたんですが、勘違いだったのかなぁ。
できれば新作がよかったんですが、出るだけありがたいと思うべきでしょうか。

SFCのシレンと比べ、新しい罠やダンジョン、モンスターなどが追加されているようです。
更にWi-Fiコネクションを利用して救助などもできるようになるとか。

とりあえず今は待つのみ、ですかね。
[PR]
# by nagatatu | 2006-09-14 22:21 | GAME
シレンDSの続報くるか?
再来週、9月15日(金)の『SEGAコンシューマ戦略発表会2006』にて、今秋から来春にかけてのセガの未発表タイトルや新作が展示されるという情報を目にしました。

>今秋から来春にかけてのセガの未発表タイトルや新作
ということは・・・言うまでもありませんが、今冬発売予定のシレンDSも対象に入りますよね。

いよいよ制作発表から一年にして大きな情報が入ってくるのでしょうか?
待ち遠しいところです。

(その前にアスカの裏白をクリアしなければいけませんが・・・)
[PR]
# by nagatatu | 2006-09-01 22:12 | GAME
PS3、ロンチ0本、開発中止ソフトが続出。
今年のE3での衝撃価格発表によって、今までの優位な立場から一気に崖に追い詰められてしまったPS3ですが、現在もあまりいい状況とは言えません。むしろ前よりひどくなっています。


撤退サードパーティ
・サクセス
・MMV
・サン電子

開発中止ソフト
・エンドレスサーガ
・ひつじ村
・RPG(サクセス)
・サン電子シミュレーション新作(仮)
・ダークRPG
・ブラックブレード

発売延期
・ぼくのなつやすみ3
・麻雀大会

http://ps3-head.xrea.jp/soft.html



新ハードの立ち上げには欠かせないロンチタイトル(同時発売タイトル)も現在は0本。
まだ発表されていないだけという理屈もありますが、もう発売まで三ヶ月しかないんですよね。
今の時点でロンチがまだ決まっていないっていうのは一体何がどうなっているんでしょう。


ロンチ0本に加え、開発中止のソフトが相次いでいます。
サクセス、マーベラスインタラクティブ、サン電子は完全撤退。フロムソフトウェアも発売予定の3本のうち2本を開発中止。エレクトロニックス・アーツも2007年から2009年までソフトを出さない(?)とのこと。

これらのメーカーが揃って撤退するということは、間もなく他の名も無き中小メーカー群も次々と撤退していくことでしょう。

こういう状況を見るとSFC→PSのサード離反をどうしても思い出してしまうわけです。

かつて、任天堂のN64からSCEのPSへ、大量のサードが移りました。
ニンテンドウ64の方がプレイステーションやセガサターンよりもはるかに高性能なハードだったのにも関わらず、64は負け組となりました。

コストの高い上にソフトを作り難い64より、簡単に沢山作れて金もかからないPSの方が断然やりやすかったからです

N64とPSの戦いでは性能が低いPSが勝ち、PS2とGCでも性能の低いPS2が勝ちました。DSとPSPでも同様です。
このことから、必ずしも高性能のハードが勝利するわけではないということ(むしろ逆のパターンが多い?)がわかります。


まさにPS3は悪い意味で64の再来になるのではないでしょうか。
開発費のかかるPS3から、開発費が安くて作りやすいWiiや、開発費は多少かかるがMSの資金提供が望めるX360へとサードが飛んでいく。

しかし、今回はN64の時のように一度にサードがまるまる離反するということはないのではないかなぁと思います。


PS3とN64の主な共通点を以下にまとめます。

・発売延期
・ソフトの開発が困難
・金がかかる
・性能が他のハードに比べて高い(PS3はWii以上で360とあまり変わらず?)

※明確ではありませんが、共通点となりそうなもの。
・ソフトの価格が高い

共通点が多いN64とPS3ですが、発表されてからずっと目立たない雰囲気だったN64に対して、PS3は発売予定ソフトが次々と追加され、当初は圧勝ムードが漂っていました。

しかし、先にも言った通りE3で状況は一変し、現在はサードがどんどん逃げていっている。

サードは雲の子を散らすようにN64から逃げていきましたが、PS3に対しては非常に緩やかに撤退していくのではないでしょうか。

そこが64のサード離反とPS3のサード離反の細かい違いではないか、と思っています。
[PR]
# by nagatatu | 2006-08-09 21:30 | GAME
かまいたちの夜×3クリア
先日、かまいたちの夜×3をクリアしました。


うーん・・・。

なんというか、釈然としない内容でしたね。
かまいたちの夜の魅力は初代のような心理的な怖さだと思うんですけど、どうも2からその辺の要素は薄れてしまっているように感じます。

グラフィックなどの視覚的な怖さに頼りすぎではないでしょうか。
ただ目の前に惨死体があっても「ハァ?」で終わってしまいますし、根本的に何か間違っている気がします。

あと、トリックにかなり無理があったかな。
奇跡の連続のようなことが普通に起こっていましたからね。特に○○偽装トリックは、いくらゲームとはいっても、限界があるんじゃないかと思いました。


「あなたたちの中に殺人者がいるかもしれないのに、こんなとこ居られない!」
という感じで自分から死亡フラグを立てるおかしい人が多いのも気になる。

そりゃあ怖いから自分の部屋にいたいと思う人もいるかもしれない。しかし、誰だって命は惜しい。

こういう時は全員で一緒に行動するのが一番安全ではないのか?



3で個人的に面白かったのは、ピンクの栞と紫の栞(少々納得いきませんでしたが)ですかね。
発売前はボリュームが多いみたいに言われていましたが、実際やってみるとそんなに無いので、案外早く終わってしまいます。

二作以上未経験の方なら買っても損はしないかも。


シレンDSまだかなぁ。
[PR]
# by nagatatu | 2006-08-06 22:44 | GAME
かまいたちの夜×3
かまいたちの夜×3
http://chun.sega.jp/kama3.html

発売まで一週間を切ろうとしているかまいたちの夜×3。

前作の2は、グロさと怖さを取り違えていると言われ、散々な評価でしたが、今回は我孫子武丸氏が脚本の中心に関わっているということで、期待できるのではないでしょうか。

また今回はネットで安易にネタバレできないような工夫が仕組まれていると言われています。
前作の2でネタバレを見てしまった方には朗報(実際にやってみるとそんなに大したネタバレだったと思えませんでしたが)

3では蟲はもう出てきませんように・・・。
[PR]
# by nagatatu | 2006-07-19 23:41 | GAME
放火魔自作自演
>http://www.zakzak.co.jp/top/2006_07/t2006071110.html

まさに自作自演。
言っていることもやっていることも何から何まで危なすぎる。

わざとらしく記事を書くとかえって怪しまれるもんでしょうに・・・。
[PR]
# by nagatatu | 2006-07-11 18:50 | 時事
バラ色ルッピーランド
もぎたてチンクルのバラ色ルッピーランド
ゼルダの伝説名脇役、地図書き35歳のおっさんであるチンクルが主人公のバカゲーです。

なんか最近の任天堂はおかしい。


でもルッピーランドには行ってみたい
[PR]
# by nagatatu | 2006-07-08 01:16 | GAME


by nagatatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧