流辰記

ゲーム系・ニュース系中心
カテゴリ:GAME( 123 )
2006年5月9日に全てが明らかになる―任天堂がE3招待状を送付
毎年5月にロサンゼルスで開催される世界最大のゲームショウ、E3(The Electronics Entertainment Expo)は、今からまだ165日後です。しかし任天堂は早くも、その日を「空けておいて欲しい」と招待状を送付しました。その場で次世代機「レボリューション」の全てが明らかになる予定です。

「皆さんは2006年のスケジュールを考え始めたところだと思います。あと165日も経てば来年のE3について考え始めることでしょう。任天堂はそれをもっと真剣に考えています。それで筆を取りました。そこで皆さんはレボリューションを含む任天堂の次世代ゲームやハードの信じられないような話を聞くでしょう。それを見逃したくはないはずです。ぜひ会場でお会いしましょう」

http://www.nintendo-inside.jp/news/174/17486.html

2006年E3・・・。
あと約半年ですね。

ということは、少なくともレボリューションの発売は5月9日以降ということに・・・。

時期的に考えるとやはり7~8月辺りが可能性大きいでしょうか。


何にせよ、ひとまずは来年のE3待ちですね。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-30 23:49 | GAME
おいでよ どうぶつの森 2
村の住民が結構増えてきました。
今回も最大数が今までと同じ15人なら言うことなしなのですが、さてどうなるやら・・・。

ニンテンドーWi-Fiコネクションを使って他の人の村に行こうとしたところ、84020エラーが出て行けずorz
しかし、その後任天堂からの手紙やあやしいネコが来るという有様。

Wi-Fiには一応接続できているこということみたいです。
心配だから任天堂のサポートセンターに問い合わせたところ、原因がよくわかっていないので、詳しい事情が判明した後また連絡致します、と(´д`;)


なるべく早くできるようにしてもらいたいところです。
マリオカートDSも控えていますからね・・・。



それにしても今回、スズキの存在がかなり嫌らしい物になっていますね。
魚影が一回り大きくなって見間違える可能性が上がったのはイタイ。

マグロ釣れないしorz
[PR]
by nagatatu | 2005-11-28 22:30 | GAME
おいでよ どうぶつの森 1
「おいでよ どうぶつの森」を購入致しました。

この作品は半年前から待ち焦がれていただけに、感動も一入。


早速起動すると、前作の見知らぬネコの代わりにカッペイがタクシーの運転手となって現れ、様々な質問をしてきました。
この質問の答えによって主人公の顔が決まります。


適当に入力して、ももやま村に到着。
(ももやま村という名前はお察しの通り安土・桃山時代からとったものです。)

村を一通り廻る。
前作までの村よりやや狭い印象があるが、視界がかなり良くなっているせいかあまり気にならない。
途中、名前がももやま村なのに特産物がオレンジだったということに気づく。



そしてシリーズ恒例のたぬきちのバイト。
やることは前とあまり変わっておりません。
パパッと済ませて終了。


運良くたぬきちの店に釣竿とあみが並んでいたので、両方とも購入し、早速金を稼ぐため釣りに没頭。


タコ・アジ・おいかわ・コイ・ニジマス・ブラックバス・スズキなどを釣る。

季節のせいか虫はあまり見かけませんでした。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-24 19:04 | GAME
スクウェアエニックスがPS3を否定?
本日、スクウェア・エニックスの中間決算説明会があったらしいのですが、その中で社長の和田洋一氏がとんでもないことを言っています。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0511/18/news111.html

> また次世代機に関する質問について和田氏は、「プレイステーション 3について言えば、能力のどこを>活用するかが大事だろう。テクスチャの張り方をプレイステーション 2と同じにしていたら、それこそ開発費>が2~3倍になってしまう。AIを活用するとか、少ない絵素材を多く見えるようにプログラムするとか、いか>にゲームデザインで勝負するかが大事だと思う」と語る。

> 和田氏はまた、ファミコン発売からの10年、そしてプレイステーション発売からの10年と比べて、これか>らの方向性は全く異なると強調する。

「次世代については全く新しいエンターテインメントを考えないとダメだろう。今後はネットワークでなにができるかが重要になると思う。過去10年間のように“絵”がどう変わるかだけを考えていては、開発コストの算出は不可能だ。この試行錯誤をしているのが現状」


最後の言葉がどう聞いてもPS3に否定的なコメントにしか聞こえないのですが。

スクエニが次世代機に求めるいるものは画像ではなくてまったく新しいエンターテインメントとネットワーク。

しかし、PS3にそういうものがあるのかは少し疑問なところです。
どちらかというとそれはライバルのXBOX360やREVOLUTIONに当てはまるのでは・・・。


全く新しいエンターテインメントというとやっぱりレボ。ネットワークというと360のXBOXLIVEとレボのニンテンドーWi-Fiコネクション。


一方のPS3はあくまでも画映像主義路線に見えるので、全く新しいとは言えないでしょう。
(昔のソニーは新しいエンターテインメントを沢山生み出していましたが・・・(´・ω・`))
やっぱり他の二つに比べて何か足りない気がします。


ネットワークの面はどうかというと・・・。

PS2でもオンラインゲームは結構出ていましたが、作る側にとってはちょっとやりにくいシステムだったという噂です。
加えて、ソニーはあまりオンラインゲームに積極的な会社ではないので、この方面もあまり期待できないのではないでしょうか。


何にせよ、このままでいくとPS3は本当に危ないんじゃないかと思われます。
何か別のモノをウリにしないとだめでしょう。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-18 23:54 | GAME
マリオカートDS、使えるコースは20/36?
11月14日、北米で一ヶ月先に発売されたマリオカートDSですが、どうやらニンテンドーWi-Fiコネクションを使って遊ぶ場合、コースに限定があることが発覚したとのこと。

全36コース中、使えるコースは20コースらしいです。


何故こういう限定があるかと申しますと、どうやらラグを考慮してのことらしいです。
快適かつスムーズにレースを楽しむためにはやっぱりラグが皆無というのが理想。

そこで、ラグが発生する原因となるような物(動く障害物など)があるコースは取り除いた模様。

今後、これらの仕様が変更される可能性もあるかもしれませんが、今のところ北米版ではそういう具合になっているようです。


ちょっと残念ですが、20コースでもまぁいいかなとは思います。とりあえず最低でも半分以上は選べるので、凄く不満というわけでもないですね。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-16 20:55 | GAME
ニンテンドーWi-Fiコネクション公式サイトがオープン
ニンテンドーWi-Fiコネクションの公式サイトがいよいよオープンしました。

対応第一弾ソフト発売の約二週間のオープン。
早くも遅くもないと言った感じかな?


今まで詳細不明だったネット通信の設定方法などが詳しく説明されています。


とりあえずUSBコネクタを注文しておきました。
11月23日が楽しみだなぁ。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-08 21:15 | GAME
MOTHER3
>任天堂とも相談して、
>ほんのちょっとだけフライング気味に、
>「ほぼ日」で発表させていただきます。
>さんざんご心配もかけてまいりましたが、
>ゲームボーイアドバンスのソフト『MOTHER3』の
>発売のめどが立ちましたので、報告します。

>もうここまで出来たら大丈夫、と何度か思いましたが、
>「絶対に大丈夫」と言い切れるようになるまでは、
>発表しないできました。
>とにかく今回は、あらゆる面で控えめにしていようと、
>心に決めていましたから。
>発売日は、まだ、ひと季節分くらい先になりそうですし、
>仕上げのために、ぼく自身も何度も合宿している最中です。
>この先も、しばらくは追い込み的にがんばります。


http://www.1101.com/saisin/
http://www.famitsu.com/game/news/2005/11/04/103,1131080553,45315,0,0.html


来た。






遂に来た。




来ました、MOTHER3。



いやー、長かった!


思えば、今年でMOTHER2から11年・・・・・・。





ずっと待っていました。





MOTHER3は、当初N64で発売される予定だったのですけれど、開発上の都合で開発中止になったり、また企画が上がったりと・・・何年も長い長い混迷を続けていました。


MOTHER2から11年。今、ようやくMOTHER3がGBAで始動します。




>発売日は、まだ、ひと季節分くらい先になりそうですし、
発売は来年の春かな?
とにかく期待!



おとなもこどもも、おねーさんも。

このフレーズを再び聞ける日が来るかもしれませんね。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-04 17:39 | GAME
マリオカートDSの動画が公開
海外サイトにて、今年12月に発売予定であるマリオカートDSの動画が公開されています。

http://media.gba.gamespy.com/media/682/682877/vids_1.html
http://media.gba.gamespy.com/media/682/682877/vids_2.html

動画をご覧になればわかるのではないかと思いますが、今回のマリオカートには過去の作品に登場したコースも多数登場します。

SFC版、64版、GBA版、GC版からそれぞれ4コースずつ、それに新規のコース16を合わせて計32コースとなっている模様。

GBA版とGC版はやったことがないので詳しくわかりませんが、昔やっていたSFC版と64版のコースが登場するというのは嬉しいです。

特にSFC版からのマリオサーキット1はとても懐かしい香りがします・・・。


このソフトはWi-Fiにも対応しており、最大四人でオンライン対戦が可能です。

個人的に対戦型オンラインゲームとしてはMGO並みに期待しているソフトのひとつであります。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-03 21:44 | GAME
どうぶつの森DS
冬といえばソフトメーカーが一気にソフトを投入する季節のため、当然、魅力的なソフトが多い季節でもあります。

寒い冬をまったり系のゲームでのんびり過ごしたいという方には、どうぶつの森DSがおすすめです。
どうぶつの森DS 公式サイト

簡単に説明すれば、どうぶつ語を話すどうぶつたちの住んでいる田舎の村に行ってのんびり暮らす・・・と言った内容のゲームなんですが、かなり奥が深いゲームです。

初めてやった時は、牧場物語と似た感じに見えて、実際やってみると全然違う・・・と感じました。
牧場物語は現実よりも時間が過ぎていくスピードが長く、ちょっと急かされている感じがしたのですが、これは完全にリアルタイムです。

魚を釣って売ったり、住民たちと交流したりしてのんびりと過ごす・・・そんなゲーム。
これは長時間やり込むゲームとは違う感じがしますね。毎日少しずつプレイするというスタイルが一番適切でしょうか。

このシリーズは64の頃からこんな形でずっとやっています。因みに今作ではキャラクターなどが一新され、新しい施設やアイテムが追加された模様。

ニンテンドーWi-Fiコネクション対応ソフト第一弾なので、ネットに繋いで他の人と遊ぶことも可能です。詳しくは公式をご覧下さい。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-02 23:52 | GAME
コナミ、PS2「メタルギア ソリッド3 サブシスタンス」
 製品版ではヘッドセットマイクによるボイスチャットが可能だが、今回はマイクの使用はなし。チームメンバー同士の声の掛け合いでコミュニケーションを取った。「敵が来てる! 来てる!」、「援護してー!」と声を張り上げながら戦うチーム戦は、非常にライブ感のあるバトルとなった。当日に初めてゲームを触る参加者も少なからずいたが、後方から射撃で援護したり、罠を設置するなどしてチームの役に立って楽しんでいた。これはオンラインモードの敷居の低さを如実に示しているといえるだろう。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20051101/mgs.htm

オンラインゲームというと、MMO RPGというイメージが一般的ですが、アクションもなかなか面白いのではないかと思います。

特にこのメタルギアソリッド3 サブシスタンスは、メタルギア初のオンライン!ということで、ファンの期待もかなり大きい作品です。しかも、月々の面倒臭い課金などは一切無しで楽しむことができます。

最大8人までプレイ可能ということで、味方の背中にTNTをつけて敵陣に特攻させ、味方ごと爆死させたり、ダンボールの密集地帯にRPG-7をぶち込んだり・・・などなど、妄想が止まらない。

毎年年末商戦が激しいゲーム業界ですが、これは買っても後悔しないゲームだと思います。

このメタルギアソリッド3 サブシスタンスの発売日まではあと50日。
まだまだ発売日には長いですが、非常に楽しみです。
[PR]
by nagatatu | 2005-11-01 23:57 | GAME


by nagatatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧