流辰記

ゲーム系・ニュース系中心
敗色濃厚のPS3、生き残れるのか
■巻頭特集 見えた! 向こう10年のゲームの未来
・アンケート1 今後期待するハードは?
 Wii 68.8%
 PS3 21.0%
 箱○ 7.2%
 DS  3.0%

・アンケート2 PS3の価格は?
 高いと思う 88.4%
 妥当な価格 10.9%
 やすいと思う 0.7%

■巻頭特集 見えた! 向こう10年のゲームの未来

・アンケート3 Wiiの価格はいくらだと思いますか?
 25000円前後が53.6%。あとパラパラ。
・アンケート4 今後期待するソフトは?
 1位  ゼルダ
 2   FF13
 3   MGS4
 4   スマブラX
 5   ドラクエソード
 6   スーパーマリオギャラクシー
 7   FF3
 8   モンスターハンター3
 8   バイオハザードシリーズ【Wii】
 10  Halo3



ファミ通からの引用。

このアンケートの結果を見ると、正直、もうゲーム機戦争の決着はほぼ着いていると言っても過言では在りません。
PS3の価格が決定した時から、既に決着は着いていたのでしょうか。

いやもしかしたら、価格云々に関わらず、PS3の戦いは厳しい物になっていたかもしれません。ゲーム史上に残るNDSの超ヒットにより、大きく業界の風向きが変わって、PS3の目指す高画質濃厚路線とまったく正反対の流れが生まれていたからです。

とにかく、ここに来て完全に任天堂とマイクロソフトの可能性の道が大きく開かれてきました。


20GBの廉価版は、62790円。

ただしこれは、PS3の特徴としてウリにしていたHDMI端子が付いていない上にPSPとの連動も不可能なので、廉価版ではなく実質劣化版です。

60GBの通常版はオープン価格ですが、約75000円程度になると予想されています。

この価格は、言うまでもなくゲーム機としては異常です。

何しろXBOX360が39,795 円、更にWiiの予想価格が(任天堂の据え置き型ゲーム機がSFC以降25000円だったので)25000円とされている今、Wiiと360を両方買ったとしてもPS3の通常版一台を買うより約一万円も安いのです!


SCEの久多良木健社長はこの価格に対して、「ゲーム機としては高いかもしれないが、家電としては安い」とコメントしました。

全く世間に疎いとしか言いようがありません。


PS2の購買層のほとんどが金の無い貧乏学生だったことを御存知ないのでしょうか。
彼らはDVDを鑑賞するためではなく、ゲームを遊ぶ為に買ったのです。

そういう人たちが6万7万という数値を聞いたら、「安くなるまで待つ」か「買わない」の二択です。


上記のファミ通アンケート4で、期待するソフトにMGS4、FF13、MH3といったタイトルが連なっております。
しかし250万本以上を売り上げるFFはともかく、国内で100万に達した事の無いMGSとMHはライト向きのキラータイトルとなりうるかは甚だ疑問なところです。

しかもこれらはPS3発売後すぐに発売されるわけではありません。
FFは12が発売されたばかりなのでまだ時間がかかりますし、MGS4も当初2008年発売とされていたものが2007年度に修正されたので、2007年秋~冬辺りでしょう。
MH3もMH2が出てから半年も経っていませんし、発表されたのがつい最近です。

つまり、PS3が発売される2006年11月11日から2007年の中期頃まで、PS3には超人気タイトルが出ない、というわけになります。

対するWiiはロンチタイトル(本体同日発売)にゼルダの伝説とドラゴンクエストを揃えています。
更にWii発売日から離れずにマリオの新作やスマブラの新作が発売されます。


スタートダッシュを予想するとどう考えてもPS3は不利な位置に立たざるを得ません。
ここからどう巻き返すのか楽しみなところです。
[PR]
by nagatatu | 2006-05-24 21:45 | GAME
<< 金桜 スマッシュブラザーズXにソリッ... >>


by nagatatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧