流辰記

ゲーム系・ニュース系中心
ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊/青の救助隊
なんと、あの「風来のシレン」や「トルネコの大冒険」などで有名の不思議のダンジョンシリーズに、ポケモン版が発売されるようです・・・。



その名もポケモン不思議のダンジョン








そのまんまですね・・・。





この作品もポケモン恒例のバージョン別(赤の救助隊青の救助隊)で発売されるようです。


普通ならば、「赤青両方とも対応機種はDSか」と思うところですが、このポケモン不思議のダンジョンでは、赤の救助隊がGBA、青の救助隊がDS、という形で発売されるらしいです。

こういうことは今まででもあまり見られないことでしたね。
まだDSを持っていないGBAユーザーへの配慮と、GBMの購入の後押しにしようという作戦でしょう。



気になる内容ですが、こちらの海外サイトに載っていたスクリーンショットを参考にして考えると、どうやらポケモン同士がパーティを組んでダンジョンを進んでいくといったような内容のようです。



色々載っていますが、こうして見るとどの写真にも、トレーナーが写っていません。
これはどういうことなのでしょうかね・・・?

他にも、回復アイテムはどうなるのか(やはり傷薬?)、壷や巻物などは存在するのか?
などと言った疑問が数多く残りますが、やはり難易度は高めに設定してもらいたいものです。

個人的には、プレイヤーの年齢とゲームの難易度は、こういうジャンルのゲームの場合、特に比例しないのではないかと思います。



見落としていましたが、タイトルに「救助隊」という単語が載っています。
これは恐らく、風来のシレンシリーズに登場した「風来救助隊」と全く同じようなシステムのものではないかと・・・・。

簡単に説明しますと、自分がダンジョンを探検中に力尽きてしまった場合、その後に表示されるパスワードなどを使って、他プレイヤーに救助を求めることができると言ったシステムです。

他プレイヤーはパスワードを入力した後、相手が力尽きてしまったダンジョンの同じ階層に潜り、力尽きている相手を発見して話しかけると、相手側は力尽きた場所からゲームを再開できる、と言った仕組みです。

この救助システムは助けた側に豪華な褒美が与えられることが多いので、ゲームを何倍にも面白くしてくれるシステムです。

GBCでもこのシステムを使うことができたので、GBAやDSはいわずもがな・・・。


どっちかと言えばシレンの方に期待していたのですが、まぁ不思議のダンジョンならなんでもいいかな、なんて・・・。
[PR]
by nagatatu | 2005-08-26 00:47 | GAME
<< テキサスで「チュパカブラ」捕まる? 韓国の出産率、世界最下位まで下がる >>


by nagatatu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧